top of page

【メディア掲載】WANTED JAPANがKORITに取り上げられました!



KORITの記事はこちら

以下KORITより 特に、フリーランスマッチング、教育、HRソリューションなどの新事業の売上が持続的に成長し、第2四半期の売上が好調に推移した。採用部門の売上高は80億ウォンで、全体の売上比率は前四半期比3%p減の79%を占めた。一方、新事業の売上高は21億ウォンを達成し、全体の売上高に占める割合も3%p増の21%に拡大した。

採用事業の先行指標が回復傾向に入った中、求職者の主要な活動性指標である新規個人会員数が前四半期比50%増の17万1000人を記録した。月平均応募数も前年同期比35%増の18万件に達する。第2四半期の累積個人会員数は310万人、企業顧客数は2万4000社である。

企業の採用心理を知ることができるライブ公告数とライブ企業数は、6月末時点で過去最高を記録した。厳しい外部環境の中でも、今後の企業の採用心理の回復に伴う売上成長基盤を構築したのだ。それだけでなく、6月末に以前のモデルに比べて書類合格予測性能を29%向上させたAIマッチングモデル第3世代を開発し、下半期の求職者合格率上昇のための基盤を作った。

新事業の売上高は前四半期比6.5%増の21億ウォンを記録した。フリーランスマッチングサービス「Wanted Gigs」を提供するGigs事業部の売上高は12億7000万ウォンで、前年同期比25.2%増加し、新事業全体の売上を牽引した。キャリア事業部の売上高は71.2%増の5億4000万ウォンを達成した。これは採用連動型教育事業「プリオンボーディングシリーズ」が自治体や多数の教育機関との協業を通じて事業を急速に拡大した結果だ。プリオンボーディングシリーズの教育生は今年第2四半期累計で1万9000人で、前年同期の総教育生と比較して4倍レベルに成長した。HRソリューション事業部のワンテッドスペースは、企業のHR SaaS導入拡大に伴い、7900社以上の企業で5万4000人が使用する成果を上げた。有料新機能を継続的に追加することで、収益性も強化されている。

Wantedlabの関係者は、「Wantedlabはデジタル職群マッチング市場のリーディングカンパニーとして、採用市場にこれまでにないマッチングモデルを披露するなど、新しい基準を提示してきた」とし、「随時採用の拡大、デジタル職群の拡散、AIマッチングの受容性強化など、逆らえない時代の変化により、当社がイノベーションをリードできる市場規模は拡大し続けるだろう」と述べた。

また、「採用市場を超え、構成員の成長、成果管理などHR市場全体のデジタル転換をリードしていきたい」とし、「自社推定によると、約10兆ウォン規模の韓国HR市場で、HRテック企業としてのDNAを基盤に市場支配力を強化していく」と明らかにした。続けて、「まずは今年の下半期からWantedlabの様々なHRサービスを一つのスーパーアプリでつなぎ、新しい価値と事業的成果を創出する姿をお見せしたい」と述べた。




閲覧数:7回0件のコメント
bottom of page